出会って即ホテルへ!日焼け跡がエロい看護師との素股エッチで大量射精!

体験談

 

こんにちは、ゆるです。
今回は肉食系Dカップ看護師Nさん(27)のお話をしていきます

待ち合わせからラブホテルへ

駅の改札でNさんと待ち合わせることに。12時少し過ぎたころにNさんがやってきました。
プロフィール写真と変わらない明るい笑顔で
 
「こんにちは~♪」
 
とあいさつされました。
 
旅行に行ってきたばかりで少し日焼けをしているようです。
 
雑談をしながら二人でラブホテルまで歩きます(ちなみに私は初ラブホテル)。日曜の昼下がりなので周りに歩いている人がいましたが、意を決して中へ。
 
「これがラブホテルかぁ…」
 
と思いながらフロントでカギを受け取り不安と興奮でドキドキしながら部屋に入りました。
 
自分が先にシャワーに入り、出てきた時点で私の下はフル勃起状態w
 
Nさんもわかっているようでニコニコしてましたね。Nさんもシャワーに入りバスローブ姿で出てきました。
私が記念に録画してもよいか聞くと
 
「顔が映らないならいいよ~」
 
と快諾してくれました。

初マンコに興奮…!!!

録画を始めるとNさんがカメラを見ながら
 
「すごいね、あそこでめっちゃ見てると思うと恥ずかしいw」
「それならお互いの位置変えましょうかw」
 
横になりながら少し雑談します。
 
「彼女とかいないの~?」
「いなくて…童貞なんです…」
「え~!それは奪ってはいけない気がする…w」
「わからないので色々教えてください!w」
「教えられないよ~w」
 
予想外に話が盛り上がってしまったので、そろそろしないと時間なくなると思い、Nさんに近寄り軽く唇にキスをします。Nさんから舌を絡ませながら徐々にディープキス。
 
キスも初めてなのでこんなに気持ちいいのか…と頭がぼーっとしてきます。
 
Nさんを上から覆いかぶさるように抱きしめ、耳を舌で責めると
 
「んっ….」
「あぁん..!」
 
舐めているうちに興奮してきたのでNさんのおマンコを見たくなってきました。
Nさんの股をゆっくりと広げます。
 
「こうなっているんですね~」
「んっ…恥ずかしいよ…まじまじと見ないでぇ///」
「クンニしてもいいですか?」
「うん…いいよぉ…」
 
初めてのクンニを堪能しながら中指をそっと入れ、手マンをします
 
「ん…だめぇ」
「んぁ…いやぁ」
 
Nさんの呼吸が荒くなり顔も紅潮しています。クリとGスポットの同時責めをすると
 
「ひゃ…んっ…!!」
 
声が一段と高くなり体をくねらせ始めました。しばらくやっていたのですが時間も押しているので手を止めて横になると
 
「すごい気持ちよかったぁ…///」
「も~どこでこんなの勉強したの~w」
 
と満足してくれたようで、よかったです。

初めてのフェラで…

さっきのお返しと言わんばかりにNさんは全身リップ攻撃を仕掛けてきます。思わず変な声を漏らす私を見て悪戯っぽく笑うNさん。少しSっ気があるみたいです。
 
「こっちも…」
 
とおもむろにフェラをしてきます。
 
カリに唇をぴったりと密着させるフェラは人生初の体験。
 
さらにゆっくりと金玉を舐められ骨抜きにされていきますw
 
んふふとニコニコしながら責められていると興奮してさらに大きくなってきました。
 
「え…大きすぎない??」
「奥まで入らないよ~w」
 
Nさんが見た中では大きいらしいので素直に嬉しいです。そんな我慢汁垂れ流し状態になってきたチンコを見て
 
「なにこれ、我慢できてないじゃんw」
 
と言われ、逆に私もSスイッチが入りましたw
 
可能なプレイにイラマチオがあったのを思い出したので、仁王立ちになります
頭を押さえて軽く腰を振りますが奥まで入りませんw
 
「もうちょっと奥まで入ります?」
「んぅぅ…」
 
あまりできなさそうなので
 
「無理そうですか?」
「ぷはぁ…だから~大きすぎるんだって~w」
 
AVみたいにはいきませんねw

69からのクンニ責め

スマホで撮影しながら69をしてみたいと言うと
 
「え~!!!」
「恥ずかしいんだけどw」
 
実際には明るくOKしてくれました。まぁ暗くて諦めたんですけどねw
Nさんが上になりますが、初めてなので
 
「もっとそっちに行く?」
 
とぎこちない感じで始めます。Nさんがフェラし始めた後、すぐに私もクンニを始めます
お互いに気持ちよくさせるバトルになりましたが、なぜかNさんはすぐに手コキに移ってしまいました。理由は私が中指を膣に挿入すると
 
「んっっ…!いやぁぁん…!」
 
と喘ぎ始めてしまいフェラどころではないからでしたw
 
クンニをしているとNさんがうつ伏せになっていました。
 
ついにNさんは手コキをやめ
 
「あぁん…もうだめぇ…」
「んぁ…んぅ…」
 
と喘ぐだけになってしまいました。それでもやめるつもりはない私は
 
「だめだめ…もう無理…」
 
逃げようとするNさんのお尻をがっちりとホールドし、音を立てながらバキュームクンニでさらに追撃します!
 
「だめだって…はぁ…はぁ…」
「いやぁ…あぁぁ…んぅ…!」
 
ついにNさんがギブアップし
 
「そんなに激しくしちゃ…ダメだってばぁ….」
「元気すぎでしょ~w」
 
この勝負は私の勝ちですw

素股で大量射精!

Nさんが上になる騎乗位で素股

「滑るかな~?」

とよだれをチンコに擦り付けるNさん。徐々に擬似セックスしている感覚になってきます。
そんな私の顔を見て
 
「なに、その笑顔w」
 
と隙あらば言葉責めをしてきますw
 
騎乗位ではNさんに主導権を握られているので、できることはお尻を揉むことぐらい。ちょうどカメラの方向にNさんのお尻が向いているので、
 
両手でお尻を鷲掴みにしアナルをばっちり録画しましたw
 
正常位になりNさんのマンコにチンコをすりすり。
ちょうどクリに当たっているようなので喘ぎ声が聞こえてきます。
 
「すごい熱くなってきてる…」
「いっぱい出していいよ?」
 
夢中になって腰を振り五日間溜めていた精子を発射!
 
「大変…w」
「ビショビショだよ~」
 
実際にNさんの腕までかかっていましたw
 
「すごい沢山w」
「だめだよ~、そんなに五日も溜め込んじゃw」
 
ティッシュで拭き取りますが大量なのでなかなか終わりません。
Nさんのツボに入ったようで
 
「あははwww」
「もういいよ~www」
 
自分でも予想以上に出て笑っちゃいました。挿入はしなかったので童貞のままですが、Nさんと楽しく過ごすことができました。最後に撮影料を支払い、シャワーを浴び駅の改札でお別れしました。
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました