サンマルサンが安全だと言い切れる3つの理由

サンマルサン

 

サンマルサンは安全に使えるのか不安…

 

とお悩みではありませんか?

 

実は、サンマルサンは他のマッチングサイトに比べ、初心者でも安全に遊べるサイトです。  

 

この記事では、サンマルサンが安全だと言い切れる理由について説明していきます。

 

筆者は2年以上利用してきましたが、一度もトラブルに遭遇したことはありませんし、男性ユーザーで詐欺などの被害にあった話も聞いたことがありません。

 

正直PCMAXなどの大手のサイトより安全で出会いやすいです  

 

サンマルサンが安全である理由は3つあります

 

  1. 定額制だから(サクラ・キャッシュバッカーを排除
  2. 女性は二段階の身分証明が必要だから(業者を排除)
  3. 運営がしっかり対策しているから(悪質なユーザーを排除)

 

この記事では、この3つの理由を丁寧に解説していきます。

 

結論は、サンマルサンは初心者でも安心・安全に利用できる最優良マッチングサイトです。

定額制だから安全(サクラ・キャッシュバッカーを排除)

 

サンマルサンは、男性ユーザーが月額3980円を支払うことで成り立っているサイトです。

 

 

そのため、ポイント制のサイトと違って、メッセージのやり取りや、女性のプロフィール閲覧などは、期間中無制限に利用できます。

 

定額制であることのメリットは2つあります。

 

  1. メッセージのやり取り回数が無制限なので運営がサクラを雇う必要がない
  2. メッセージだけでは女性側のメリットがないので、男性と出会う必要がある

 

この2つのメリットは、男性ユーザーにとっては嬉しいですよね。

 

ポイント制のサイトは往々にして男性ユーザーからお金を得ようとサクラを雇って無駄に会話を長引かせることがあります。  

 

大手サイトでも女性ユーザーを集めるために

 

「男性と会話するだけでポイントが貯まる!」

 

「スマホ1つで稼げる!」

 

などの謳い文句で広告を出していたりします。  

 

大手サイトはこのように露骨でないですが、一般の女性ユーザーにはポイントがもらえるのでそれ目的でやっている割合が3割ほどです。

 

  (残りの3割は暇つぶしで出会い目的の女性は4割もいないです)  

 

サンマルサンは定額制なのでサクラを雇う必要がありませんし、キャストの女性側は男性と出会わない限りはメリットが全くありません。

 

このため、女性側も出会いに積極的になりやすく他の出会い系サイトに比べて圧倒的にマッチング率が高いです。  

 

※そもそも女性ユーザーが圧倒的に多いのでサクラを雇う必要がありません  

 

女性は二段階の身分証明が必要だから安全(業者を排除)

 

サンマルサンに登録する際は男女ともに身分証明書の提出が必要で、女性は性的サービスを提供する場合、さらに「本籍地記載の住民票」が必要となります。

 

 

大手出会い系サイトは、免許証1つで登録できるので業者と呼ばれる人たちは偽造や闇ルートから免許証を手に入れて登録をしています。  

 

業者が無くならないのは身分証明が簡単であるからと言えます。

 

これに対し、サンマルサンでは性的サービスを提供するキャストは  

本人確認書類」+「本籍地記載の住民票

この2つが求められます。  

 

この住民票はコンビニで発行できますが、その際に本人確認をされるので赤の他人が取得することは不可能です。

 

業者側もいちいち女性を雇って本人確認をさせる手間を考えるとサンマルサンを利用する旨味は0に等しいです。  

このことからサンマルサンは業者を排除する仕組みがあるため、安心して使うことができます。  

 

運営がしっかり対策しているから安全(悪質なユーザーを排除)

サンマルサンには通報制度があります。

 

不適切だと判断されたゲストは2回通報で強制退会

キャストは3回通報で強制退会

という仕組みです。  

通報内容によっては一発アウトもありえますので悪質なユーザーはすぐにいなくなってしまいます。

 

  運営側もユーザーに使い続けてほしいため、しっかりと対応しているようです。  

 

ゲストの禁止行為

 

 

キャストの禁止行為

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

サンマルサンは安全・安心の出会い系サイトです。  

 

筆者が1年近く使い続けている理由は安心して出会えることが大きいです。  

 

出会い系サイト初心者の方にはぜひ使ってもらいたいサイトです。  

 

いまなら、新規登録で7日間無料で使い放題です!

 

タイトルとURLをコピーしました